営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

おすすめ!すぐに始められるTwitter広告

2021年7月30日

Twitter広告とは?

Twitter広告とは、Twitterのタイムラインや検索結果に表示させることができる広告を指します。ユーザーが興味を持っていることや関心が高いこと、ツイートや検索ワードなど、様々なターゲティングで広告を配信することができます。

Twitterのユーザー層は20代から30代の若い層が多く、その年齢層が興味をもつような商品を効果的に宣伝することができます。また、Twitter広告は他のSNSに比べて拡散力が高いことが特徴です。リツイート機能を使うと、他のアカウントのツイートを、自分のアカウントをフォローしている人たち(フォロワー)に共有することができます。もともとのツイートが、二次的に拡散されることになるのです。

リツイートやいいね機能でのツイートは広告費がかからないため、大変メリットの高い方法と言えます。Twitter広告を出す際には、リツイートやいいねをされるような広告にするとよいでしょう。これらの機能を上手に利用することがでれば、宣伝効果が上がり、拡散力も格段に大きくなります。
 

Twitter広告の支払い方法

Twitter広告には最低利用費の制限がないので少額から始めることができ、広告枠を入札する方法としては、目標入札単価・上限入札単価・自動入札の3つがあります。

目標入札単価は、前もって決めておいた広告単価の目標額に近づくように、システムが自動的に調整する入札方法です。しかし、実際の入札額が目標値とずれている場合があるので、定期的に確認する必要があります。

上限入札単価は、支払いの対象となるアクションごとに、支払っても良い単価の上限を設定することができます。設定した金額を超えて課金されることはありませんが、上限単価が低すぎると広告が表示される機会が少なくなるので、費用対効果などを把握した上で利用するとよいでしょう。

自動入札は、予算内で入札額が自動的に最適化されます。どのくらいの入札額にすればよいのか分からない場合などに利用すると便利な方法ですが、手動に比べてクリック単価が高くなることがあるので、注意しなければなりません。

Twitter広告の種類

Twitter広告の種類は、掲載面によって3つの種類に分けることができます。

1つ目は、プロモアカウントです。自社のアカウントのプロモーションや、フォロワーの獲得に最適な広告です。おすすめユーザーやアカウント検索画面、スマートフォンアプリのタイムラインに広告が表示されます。プロモアカウントは、興味をもってもらえそうなユーザーをターゲティングすることができます。

2つ目のプロモトレンドは、1日1社だけ、Twitterのトレンド枠に任意のキーワードやハッシュタグを表示させることができる広告です。トレンド枠にはTwitter上で話題になっているキーワードなどが表示されますが、その最上部に広告を24時間表示することができます。

3つ目のプロモツイートは、プロモーションを目的とした広告主が、色々なユーザーにアプローチして情報やメッセージなどを送ることができる広告です。通常のツイートと同じように、タイムラインや検索画面に広告が表示されるので、ユーザーにアプローチしやすいといった特徴があります。

Twitter広告のクリエイティブ設定

Twitter広告には様々なクリエイティブフォーマットがあり、ニーズに応じて選択することができます。文字のみのツイートは、140文字以内の、文字だけのツイートを広告に利用することが可能です。しかし、文字だけでユーザーの関心を引くのは難しく、ハードルが高い方法と言えます。

動画つきツイートは、Twitter上にネイティブ(自然)な形で動画を配信することができます。視覚に訴えかける広告なので、注目を集める効果が高くなります。画像つきツイートでは、画像を加えたツイートをすることができます。画像つきにすると商品やサービスを1枚の写真で表示させることができるので、その場でユーザーからのアクションを期待することができます。

Twitterカードを活用すれば、ツイート内に画像や動画をカードとして表示でき、ユーザーがそれをクリックした場合には、事前に設定しておいたリンク先へ誘導することが可能です。カードには、画像ウェブサイトカードやビデオウェブサイトカード、イメージアプリカードなどの種類があります。

Twitter広告のターゲティング

Twitter広告を利用するには、まずターゲットを決めて広告を表示させることが必要になりますが、これにはフォロワーターゲティングが効率的です。フォロワーターゲティングとは、Twitterのコミュニケーションネットワークとしての特徴活かした、Twitter広告においてのターゲティング方法を指します。フォロー対象に基づいたアカウント同士の繋がりを上手く利用して、見込みがありそうなユーザーへ広告を配信することができます。自社アカウントで積極的に情報を発信している場合に向いている方法です。

商材への関心が高いユーザーが集まりやすいという点で、競合他社のアカウントも押さえておくべきポイントと言えます。フォロワーターゲティングで指定するユーザーの選び方は、競合他社のアカウントを指定する方法、ユーザー層が重なっていそうなウェブメディアアカウントを指定する方法、または業界内のインフルエンサーを指定する方法などがあります。

また、テイラードオーディエンスと言う機能もあり、これは自社のウェブサイトの訪問者データやメールアドレス、モバイルIDを基に、特定のユーザーのみに絞ったターゲティング方法です。すでに関心をもっている、もしくは興味をもってもらえそうなユーザーに広告を配信するため、より高い宣伝効果を見込むことができます。

 

▼企業様の販売促進やイベントプロモーションのご相談を
 承っております。お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------
株式会社 マップス
〒453-0055   愛知県名古屋市中村区香取町1丁目30番地1
TEL:052-411-5670 FAX:052-411-5668
ホームページURL:http://www.s-maps.jp/
E-mail:info@s-maps.jp
-----------------------------------------------------------

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ