営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

Instagramで集客。キーワード検索にも対応予定。

2021年3月31日

Instagramとは

Instagramは現代の代表的なSNSの1つで、写真や動画の共有を目的とし、2010年よりサービスが開始されました。
日本でも人気があり、いわゆる「インスタ映え」という新しい言葉を生み出したほどで、あまりネットを利用しない世代にもその存在を知られています。当初はiOSのみに向けて開始されたサービスでしたが、後にAndroid版、デスクトップ版、Fire OS版(AmazonのFireタブレットやFire TV等のOS)、Windows10版と提供が続きます。

Instagramの特徴は、アップロード前にユーザーがフィルターを使って写真や動画を編集できることや、それらをハッシュタグ(検索用のキーワードで、♯から始まる文字列)やジオタグ(位置情報)を使って整理可能なことが挙げられます。また、投稿公開の範囲は全体だけでなく、事前に承認したフォロワーのみに限定することもできるようになっています。注目のトレンドコンテンツを閲覧することができ、気に入った投稿に「いいね」を付けられる機能もあります。

開発と運営はFacebookが行っているため、機能的に連動する部分が多く、その2つを容易に連携できるのも特徴の1つだと言えるでしょう。実名登録制のFacebookに対して、Instagramは匿名での登録が認められているので、本名での交流を望まない人が多い日本で人気が出るのも頷けます。マーケティング的にも重要と考えられているSNSで、他のメディアからも高い注目を浴びています。

Instagramでの検索方法とサジェスト機能

Instagramでの検索方法は、アカウント名をキーワードに検索し、絞り込む方法が一般的です。有名人だと個人名で登録していることが多いので、フルネームを入力して検索すると簡単にアカウントを見つけることができます。

また、ハッシュタグを使った検索も定番です。こちらもキーワードでの検索なのですが、検索画面のタブから「タグ」を選択すると、対象を絞り込んだ検索結果が表示されます。「アカウント」のタブを選択すれば、アカウントを対象とした絞り込みも可能です。検索したい対象がハッシュタグ付きかどうかは、キーワードの前に「#(シャープ記号)」が付いているか否かで判断できます。
Instagramにはもう1つ、スポット(位置情報)による検索機能もあり、これも他の検索方法と同じく、検索画面で検索対象を入力した後に「スポット」のタブを選択すると候補がリストアップされます。

サジェスト機能は、自分の好みに合うと思われるジャンルをInstagramが提案してくれる機能で、表示された一覧の中から気になる写真をタップすると投稿内容を見ることができます。サジェストには、自分が「いいね」をした投稿や、フォローしているアカウントの内容から選ばれたおすすめが表示されます。写真に加えて動画も表示されますが、ランダム要素が強い傾向があるので、思いがけない投稿に巡りあうことができるでしょう。

キーワード検索にも対応予定

Instagramはようやくキーワード検索の対応を始めましたが、現時点では日本語には未対応で、先行してアメリカやイギリス、カナダなどの6ヵ国の英語圏のみでキーワード検索に対応している状況です。

これらの国々は利用者の多い英語圏という共通点があるので、日本語より先に対応が行われたのは仕方のないことと言えます。英語圏を対象とした機能なので、日本のInstagramで使うことはできませんが、じきに日本語でのキーワード検索機能もリリースされるものと思われます。具体的な時期については分かっていませんが、少なくとも年単位で待つ必要はなく、割と早いタイミングで提供が始まる可能性も十分にあります。

キーワード検索は他のSNSでは珍しい機能ではありませんが、Instagramでも単語を設定したり、スペースで区切って複数の単語を検索したりすることが可能になります。予測変換には、アカウントやハッシュタグなど、関連すると思われる候補が表示されます。キーワードに当てはまる投稿や、条件を絞り込んでのワード検索も可能なので、ますます早期のリリースが望まれます。この検索機能は将来的に、機械学習を活用した高度な仕組みに進化していく予定と言われています。

写真内容だけではなく投稿内容も重要

集客目的でInstagramを活用する場合は、写真の内容だけでなく、投稿内容も重要になります。今までは写真のクオリティを追求していれば良かったのですが、キーワード検索にも対応するとなれば、投稿内容の重要性も高まるのは必然と言えます。投稿内容そのものをもっと魅力的にして、Instagramユーザーに興味を持ってもらえるような形で投稿する必要が出てくるでしょう。

一見して分かりにくい写真は時にインパクトを与え興味を引きますが、より多くの人達に訴求したいのであれば、分かりやすく、興味を持てる投稿の方が適切です。そして投稿内容が検索されることも踏まえて、写真と投稿内容の両方のクオリティを上げていくことが大事です。

写真のクオリティを追求する方法は誰もが実践していることなので、投稿のやり方を変えなければ差別化を図ることも、集客のために訴求することも難しくなります。
投稿内容もクオリティアップを図ると、今後においてもInstagramでの集客効果が得られるようになります。


変化に合わせて柔軟に対応を変えていく、これこそが現在Instagramで求められているポイントです。キャプションと投稿時期もキーワード検索の結果に影響する可能性があるので、これらも考慮して投稿の内容とタイミングを決めることが必要になるでしょう。

 

▼企業様の販売促進やイベントプロモーションのご相談を
 承っております。お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------
株式会社 マップス
〒453-0055   愛知県名古屋市中村区香取町1丁目30番地1
TEL:052-411-5670 FAX:052-411-5668
ホームページURL:http://www.s-maps.jp/
E-mail:info@s-maps.jp
-----------------------------------------------------------

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ