営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

売り上げをあげるための効果的な見出しをつけるコツ!

2015年6月30日

先日、ある商品の販促物を見てみると、「■■■という成分が入っている」
という商品の機能について詳しく書かれていました。

「■■■という成分が入っている」と一般の生活者の人が聞いても欲しいと思わないですよね。例えば、ダイエット食品であれば「■■■という成分が入っている」から生活者の人はその商品を購入するわけではなく、「痩せたいから」もっというと、「綺麗になって、格好良くなってもてたい」ということにあるかもしれません。

どんなに良い商品であっても、その商品を使って、どういう体験が出来るのかをお客様にイメージさせないと、「伝わらない」「買ってもらえない」ということです。販促をしていくうえでは、その商品の価値を伝えていくことがすごく大切です。

そのため、今回は「売り上げをあげるための効果的な見出しをつけるコツ!」というテーマでお届けしたいと思います。


お客様がサービスや商品を購入する際に、考えているのはサービス、商品のスペックではなく「購入する理由」です。購入する理由というのは、「どんな体験が出来るのか」「それを利用することで現在の状況がどのように良くなるのか」ということです。

販促物をつくる際にはそのような点をきちんと考慮して、目を引くキャッチコピーを考えることがとても重要です。とは言いつつも、いきなりキャッチコピーを考えることは難しいですよね。そこで今回はキャッチコピーを考える、4つのコツをお伝えします。

1.具体的な数字を入れる。

スーパーや雑貨店など、色々な場所に行って、目にとまる販促物を分析していると、必ず具体的な数字が入っています。

例えば、下記のように具体的な数字を入れると、説得力やリアル感がアップします。

「とても売れている」「満足している」と書いてあってもイメージすることが出来ないのですが、数字を入れることでお客様が判断がしやすくなります。

また、キリの良い数字よりも「200個売れています」よりも「213個売れています」の方がリアル感が出るため効果が出やすいです。

数字を入れることにより、販促物の効果は上がるため「とても」「満足」「高い評価を」「美味しい」という言葉を販促物で使われている方は、具体的な数字に置き換えることが出来ないか検証してみてください。

2.ターゲットを明確にして呼びかける

販促物のキャッチコピーを考える際にはターゲットを絞り込むことが大切です。
ターゲットを絞り込むことに関して、「特定の人のみに情報を発信したら効果が上がらないのでは…」と不安に感じられる方が多いのですが、万人受けするようなキャッチコピーでは、人は自分に関係がありそうなことしか興味がわかないため、誰の心にも響かないようなキャッチコピーになってしまいます。

そのため、ターゲットはより具体的に設定することが大切です。

3.普通は組み合わせない内容で好奇心をあおる

皆さんは「認知的不調和」をご存じでしょうか。

人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語です。

Wikipedia」より引用

もう少し分かりやすくご説明させて頂きます。

私たちは、長年生きている中で様々な経験をしてある程度、固定の価値観を持っています。そのため、人は予期しないことや、自分の価値観とは合わないものが出てきた時に、意外性があるため、興味を持ってしまいます。これを「認知的不調和」と言います。

ヒット商品やベストセラーの本にはこのルールが上手く利用されております。

例えば、「たらふく食べて脂肪を燃やす!」「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」「美女と野獣」などが挙げられます。

御社で取り扱われているサービス、商品でも「●●●なのに○○○が出来る」とギャップをつくることが出来ないか考えてみてはいかがでしょうか。

4.ニュース性のあるキーワードを入れる。

「NO1」「業界初」「■■で唯一」「画期的」「日本初」といった言葉はそれだけでニュース性があり、また特別感があります。

頭を絞って考えて見ると、何かしらの分野で「NO1」「■■で唯一」といった事は訴求することが出来ると思いますのでぜひ考えてみてください。


さて、ここまで御社でキャッチコピーを考える4つの方法についてご説明をさせて頂きましたが如何でしょうか。

ぜひ、このコツを使ってキャッチコピーを改善してみてください。当社では販促物の作成のお手伝いもお手伝いさせて頂いておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

▼企業様の販売促進やイベントプロモーションのご相談を
 承っております。お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------
株式会社 マップス
〒453-0055   愛知県名古屋市中村区香取町1丁目30番地1
TEL:052-411-5670 FAX:052-411-5668
ホームページURL:http://www.s-maps.jp/
E-mail:info@s-maps.jp
-----------------------------------------------------------

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ