営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

キュレーションを使って企業PR

2015年5月28日

買い物をする時、特に高額な商品を購入したり、何か契約をする際に役立つのがネットでの情報収集です。皆さんもインターネットを通して、商品・サービスの評判や評価を調べられるのではないでしょうか。

「(ネットショッピングに限らず)買い物をするときにネット上のクチコミ情報を参考にすることがあるか」というアンケートに対して、や6割以上の人が「よくある」「たまにある」と答えています。

以前に、「積極的に「情報」提供しよう!情報発信できる会社が生き残る」でお伝えした通り、最近では、TwitterやFacebook、ブログなどのソーシャルメディア、SNSなどで簡単に一般の人も情報を発信することが出来るようになりました。そのため、インターネット上には生活者の人が発信した口コミ情報などが散在しています。

ただし、テレビや新聞、雑誌、ブログ、SNS、動画サイトなど、多様な情報発信メディアの増加により、社会で流通する情報量は劇的に増加しており、口コミを調べるには、とても時間がかかります。

楽天やAmazon、価格.comなどのショッピングサイトでは購入者が口コミを書き込み・閲覧できる機能を実装しているため、すぐに口コミ情報を確認することが可能ですが、そうでない場合は自分自身で口コミ情報を検索しないといけません。

一時は「お客様の声」「利用者の声」としてホームページにコンテンツを用意している企業もたくさんありましたが、最近ではどこの企業も当たり前のようにそのようなコンテンツを掲載しているため、臨場感・リアル感が伝わらず、嘘くさく感じ取られる場合もあり、効果が以前ほどありません。

そのため、最近では企業が「キュレーションサイト」を活用するケースが増えてきておりますので、今回はキュレーションサイトについてご紹介をさせて頂きます。

キュレーションとは、インターネット上の情報を収集しまとめること。
また収集した情報を整理してカテゴリー分けすることで、読みやすくすることを意味します。キュレーションを行う人をキュレーターと呼びます。

おすすめのキュレーションサイト

キュレーションサイトには主に2つの種類があります。

1つは自分が関心がある分野を登録しておくと、自動的にその分野の情報を自動的に検索をして表示してくれるというものです。

皆さんがよく聞く「グノシー」や「Antenna」「vingow」などのサービスがこの類いの「キュレーションサイト」になります。情報を収集する際にとても役に立ちます。

グノシー
http://gunosy.com/


Antenna
http://antenna.jp/

vingow
http://vingow.com/
もうひとつの方法は自分で情報を探す方法、つまりあなた自身が「キュレーター」になる方法です。これらには「Togetter」や「Naverまとめ」などのサービスがあげられます。

Togetter
http://togetter.com/

Naverまとめ
http://matome.naver.jp/

今回ご紹介をさせて頂きたいのは、この後者の方のキュレーションサイト「Naverまとめ」です。

この「Naverまとめ」を利用して、セールスプロモーション、店舗での販売に上手く繋げているのが「スバル」や「ローソン」などです。

スバルやローソンなどでは人気のある車種や商品についてTwitterやブログなどで生活者の人が書き込んだ情報を「Naverまとめ」を使って整理することで店頭での販売につなげています。
 

Naver スバル

Naver ローソン

スバルではTwitterやブログなど以外にも自動車好きな人がエンジンをかける音や走行シーンなどをYouTubeにアップをしており、カタログやメーカーサイトなどでは見ることが出来ない“リアル”な情報を閲覧することが出来ます。

商品を販売している企業以外にも、利用方法として、例えばイベント企画会社などでは、そのイベントに参加したお客様がTwitterやブログなどで書き込まれた情報、写真、動画をキュレーションサイトで整理して情報提供することで、依頼しようとしているお客様の背中を押すような情報になる可能性があります。

Naverまとめはお申し込みをすれば商用での利用は可能なので、ぜひご検討してみてください。

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ