営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

積極的に「情報」提供しよう!情報発信できる会社が生き残る

2015年2月9日

皆さんは一日の間にどれくらいの時間をインターネットに使われていますか?

現在ではパソコンだけではなく、スマートフォンで簡単にインターネットに接続できるため、かなりの時間をインターネットに使われていると思います。

私も、情報収集のために検索エンジンを使って様々な情報を取得しており、たくさんの「ホームページ」「ブログ」「Twitter」などから情報収集しています。

10年以上前までは、インターネットが普及しておらず、考え、思いなどの情報を簡単に発信することができなかったため、何か特定の分野について情報を取得しようとすると本を読んで学んだり、その分野の専門家に相談するしかありませんでしたので、考え方が偏ってしまいました。

しかし、インターネット・スマートフォンの普及により、「ホームページ」だけではなく、「ブログ」「Twitter」「Facebook」などのソーシャルメディア、「メルマガ」を使って気軽にプロとしての情報を発信することが出来るようになったことで、様々な企業・人が持っている知識や情報を簡単に取得することが出来るようになりました。

これは、売り込まなくても、自社の魅力をPRすることが出来るようになったことを意味します。

もう少し分かりやすく言うと、自社(自分)が持っている専門家としての情報やユーザーに役立つ情報を発信すると、そのことについて困っている人・情報を探している人が検索エンジンでその情報を探し出し、お問い合わせをしてきてビジネスチャンスを拡大することが出来るようになったと言うことです。

少し古い情報ですが総務省が出している「次世代ICT社会の実現がもたらす可能性に関する調査」(平成23年)の結果を見ていると、「ソーシャルメディア利用者の目的」や「ソーシャルメディアを利用した実現して出来たこと」を下記のようにまとめています。

ソーシャルメディア利用者の目的

ソーシャルメディアを利用した実現して出来たこと

困りごとがある人はインターネット上で情報を探していて、困りごとをインターネットで解決をしているということです。
もう少し詳細に困りごとをしている人のインターネット上の動きについて解説をさせて頂きますね。

  1. XXXについて困っている。
  2. インターネット上で「XXX」と検索をする。
  3. 検索エンジンで検索結果の一覧が表示される。
  4. 検索結果の一覧ページを確認する。
  5. 検索結果に表示されているページのタイトルや説明文を読んで、読みたい情報を選択する。
  6. 情報を読んで困りごとを解決する。

この流れの中でとても重要なことがありますが、気がつかれましたか?

情報を発信するだけではなく、収集する際にも「文字」「テキスト」で成り立っていると言うことです。

インターネットで最初に検索をする時には、必ず「文字」「テキスト」を使い、検索エンジンもホームページやブログ内に入っている「文字」「テキスト」の中身を読み取って検索結果の順位付けを行います。

どんな情報を発信するにしても伝えたい対象・情報を明確にして、文章、写真、デザインを組み合わせてコンテンツにしていく編集力や企画力が必要であり、コンテンツが良ければ「共感」「関心」「興味」をユーザーに持ってもらい、大きくビジネスチャンスを拡大していくことが出来ます。

当社でも「お役立ちコンテンツ」を更新するようになってからホームページへのアクセス数が増えてきています。
逆に、これだけインターネットで情報を探している人が増えているのに、何も情報を発信していないのはアピールしていないこととほぼ同じ事になってしまいます。


とは言いつつも、いきなり、すべての人に面白いと思ってもらえるような文章を書いたり、コンテンツをつくることは難しいですよね。

文章、写真、デザインをまとめる企画力・編集力というのは即席で身につくものではなく、経験を重ねれば重ねるほど上達していきます。そのため、まずは文字を書くことを面倒くさがらずにブログやFacebook、メルマガなどで内容を考えて文章を書くようにしていきましょう。

まずは、いきなりユーザーにとって「有益な情報」「役立つ情報」などをいきなり書くのはハードルが高いと思いますので、まずは、あなたの個人的な趣味や興味、仕事へのこだわりなどから書くことをお勧めします。

そうすることで少しずつあなたが発信する情報に共感をする人が増えて、結果的にビジネスにも繋がっていくと思います。

気をつけるべき事もあわせてお伝えさせて頂きます。情報発信を簡単にできるようになったので、重要な情報を漏洩してしまったり、他の人を傷つけるような情報を発信してしまい、炎上してしまうケースがとても増えてきております。

そのため、最低限抑えておきたい5つのポイントをまとめさせて頂きました。

ご参考にして頂き、ぜひチャレンジしてみてください。

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ