営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

学校教育と企業のCSR事業を繋ぐNPO法人「MeetsVision」(2)

2013年6月21日

 前回の続きで、教育と企業のCSR事業を繋ぐNPO法人「MeetsVision」をご紹介します。
 

ぼくらと森のかけはしプロジェクト

ぼくらと森のかけはしプロジェクト

森を散策している様子

現在、岐阜では森の「荒廃化」が深刻な問題になっています。輸入材ばかりに頼ることで山の森の手入れが行き届かなくなってしまったからです。そのことに危機感を感じている地元の工務店と「森や自然の状況を知ってもらいたい」という想いで、協働事業として始められたのが「ぼくらと森のかけはしプロジェクト」。

森について学び、未来の森を学ぶだけではなく、「想像する力」「話す力」など未来を支える子供たちを育むことを目指しており、下記のようなプログラムを行っています。

プログラム内容

ぼくらと森のかけはしプロジェクト

林業をされている方による青空教室です。

  • 第1回 森のことを知ろう 森の見学ツアー編
  • 第2回 わりばしのお店 準備編
  • 第3回 わりばしを売ろう!わりばしの店オープン
  • 第4回 森のことを知ってもらおう! 発表会編

というプログラムで実施されており、一般の学校や塾、家庭では体験できないものです。

自然を学び、森林の間伐作業を学び、わりばしの必要性を知り、実際に子どもたちがお店でわりばし販売をして、売り上げの使い道をみんなで考えて発表するというプロセスで行われています。

この取り組みは工務店だけではなく、子どもにとっては社会を学ぶことが出来る、林業に取り組んでいる人は協力することで自分たちの仕事内容を知ってもらうことが出来る、企業にとっては事業の本質を社会に知ってもらい、結果的に社会へのPRに繋がっています。

春の宿泊ツアー

春の宿泊ツアー

商業施設を見学している様子

岐阜の商業施設と共に子供向けの3日間の「春の宿泊ツアー」。

商業施設をもっと身近に感じてもらうために、商業施設ではどんな運営がされているのかを学ぶために、バックヤードの見学をしたり、自然の中で里山探検にでかけ、みんなで協力をしながら食事をつくるといった内容になっています。

どちらの取り組みもMeetsVisionの松岡氏が地域で起きている問題や関係者、企業のCSRを地域の子供と繋ぎ、顧客や地域との信頼関係を深め、持続的な長期関係を構築するためのコーディネート役になっています。

企業のブランド戦略として環境や社会への取り組みが重要な要素になっている今日、単に「●●%割引キャンペーン」のようなプロモーションで商品の売り上げを伸ばすだけでなく、生活者やNPOも参加できるこうしたプロモーションをさらに積極的に行うことが求められてきています。

そのような状況の中で、学校・家庭・地域・企業の連携を深めるとともに、未来の姿(Vision)を考える身近な学びの場を創造している松岡氏の取り組みは今後も目が離せません。

Meets Visionの連絡先

NPO法人Meets Vision
松岡慎也
matsuoka@meets-vision.org

http://meets-vision.org

岐阜市敷島町6丁目9番地3-2

058-252-5907

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ