営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

アップサイクル商品:モデコ

2012年11月27日

レディバード フロム フロア

MODECO ロゴマーク

名古屋市の大須にフロアマット、クロッチング(ジーンズやダウンジャケットなどに使用される素材)、シートベルトなどの廃材を利用したとてもデザイン性が高い商品を取り扱っているお店「MODECO」があります。

MODECOは2010年1月5日にオープンしたショップで、捨てられる廃材を使ってエコプロダクツを製造販売しております。

今までの日本の環境に優しい商品というと「リサイクル商品」をイメージされる方が多いと思います。
リサイクル商品では、「環境に優しい」ということを全面に訴求している商品が多く、商品自体の「手に持つ楽しさ」というよりもリサイクルをしているという社会貢献の意識が強い商品が圧倒的に多かったです。

MODECOでは、単なる有効活用/リサイクルではなくアップサイクル(質の向上を伴う再利用の事)が大切であると考えており、商品はすべて日本で製造されており、とてもデザイン性が高い商品ばかりです。

エコー トートバッグ

エコー トートバッグ

「廃材」を使った商品と聞くと、あまりイメージは良くなく、当初は「ゴミから作ったモノ」というイメージから、受け入れてくれる人はあまりいなかったようですが、デザイン性やひとつひとつの作り込みを丁寧に行うことで少しずつ周りの人の意識も変わっていったようです。

実際にホームページを見てみると、高品質なデザインを目指すために、ヘリ仕上げやハンドルの強度を出すための工夫がなされております。

MODECOサイト:日本製へのこだわり
http://www.modeco-brand.com/made/

右上の写真はMODECOの主力商品のトートバッグです。
表生地にはソファ、パンプス、ブーツなどに使用されるレザー(合成皮革)端材を使用しており、通常バッグに使用される合皮とは違ったデザインが楽しめます。
裏地にはカーテン端材を使用しており、カラーやパターンの組み合わせはバラバラで、全て1点ものとのことです。
サイズもSS〜LLまでご用意されており、「選べる楽しみ」にこだわったバッグです。 シンプルなデザインはショップバッグとして楽しめます。

バッグに付いているハガキには、地球や人のために様々な活動をしている3団体を紹介されており、応援したい団体を選んでハガキを投函すると、「500円の寄付」と「メッセージを送る」ことができるようです。地球環境を考慮をした商品を出しているMODECOならではの取り組みだと言えます。

地球の気候変動や環境変化、原発による自然環境への大きなダメージなど、生活者の意識はとても高くなってきており、「単にデザインが良い」「機能が良い」だけではなく、「環境」や「人」に優しいことを求めており、実際に「エシカル消費」という言葉が使われるようになりました。

デザイン性が高く、且つ、一般的には使われていない廃材を素材に作られているのでMODECOの商品を持って町中を歩いていると、とても視線を浴び、知人からも「これはどこの商品なの?私も欲しい」と声をかけられます。

最近ではMODECOの商品は、高島屋(新宿店、東京店、横浜店、大阪店)、大丸、松坂屋、丸栄などの百貨店、サンゲツのショールームで展示されたり、ニュースで取り上げられたりしており、とても注目度が高いブランドなので、ぜひ皆様、足を運んで、お手にとってご覧になっては如何でしょうか。

MODECOサイト
http://www.modeco-brand.com/

 


▼企業様の販売促進やイベントプロモーションのご相談を
 承っております。お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------
株式会社 マップス
〒453-0055   愛知県名古屋市中村区香取町1丁目30番地1
TEL:052-411-5670 FAX:052-411-5668
ホームページURL:http://www.s-maps.jp/
E-mail:info@s-maps.jp
-----------------------------------------------------------

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ