営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

成功実例1:江崎グリコの新規販売先の開拓(2)

2012年5月29日

弊社で実施していない企画でございますが、皆様のお仕事にお役立て頂ければと思い、成功事例をまとめさせて頂きました。ぜひ皆様のお仕事にお役立てください。

 今般は前回の「江崎グリコの新規販売先の開拓:オフィスグリコの挑戦(1)」の続きです。

販売方法について

 

オフィスへ営業展開していく際に、同社では新しいチャネルとして、オフィスに自動販売機のようなものを各オフィスに設置することを検討したようですが、設置をさせてもらう会社に電気代やスペースなどの負担を与えてしまうという課題がありました。

また、訪問販売をするという営業手法も検討されたようですが、単価が小さいお菓子でスタッフが動くとどれだけ効率的に動いたとしても赤字になってしまうということで実現が難しかったです。

そこで、富山の置き薬を参考にB5サイズのお菓子箱(リフレッシュボックスのこと)を置くことにしました。

上記の3のサービスの特徴は「いつでもどこでもサービスを受けることができる」ということです。

リフレッシュボックスはオフィスに常設しておくことで、いつでも小腹がすいた時、甘いものを食べることが出来るということで顧客のリピート化につなげていきました。

実際に1階にコンビニが入っているようなビルでも、高層階に行けばいくほど、リフレッシュボックスを利用しているオフィスが多いようです。それは、常にリフレッシュボックスが設置してあり、すぐにサービスを享受できるというメリットがあるからだと考えられます。

課金方法について

リフレッシュボックスを設置するにあたって固定費用はかからず、購入する時のみカエルのキャラクターの口に購入者が代金を入れ、代金をスタッフが回収する仕組みとなっています。

代金は分かりやすく1つ100円となっています。

万が一リフレッシュボックスや購入費の代金が盗難された場合でも同社が負担をすることになっており、設置するオフィスが管理を行う必要がないため、導入をしやすい料金体制になっております。

ただし、代金が不足していることや購入費の盗難が起きることは設置している会社にとっての信頼性・ステータスの損失につながることになるので、実際にはあまりそのような問題は起きていないようです。


次回は、どのように顧客をリピートにつなげてファンをつくっていったのかをご紹介したいと思います。お楽しみにお待ちください。

参考資料

江崎グリコ
http://www.ezaki-glico.net/officeglico/
がっちりマンデー

http://www.tbs.co.jp/gacchiri/archives/20120415/1.html

▼企業様の販売促進やイベントプロモーションのご相談を
 承っております。お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------
株式会社 マップス
〒453-0055   愛知県名古屋市中村区香取町1丁目30番地1
TEL:052-411-5670 FAX:052-411-5668
ホームページURL:http://www.s-maps.jp/
E-mail:info@s-maps.jp

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ