営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

成功実例1:江崎グリコの新規販売先の開拓(1)

2012年5月21日

弊社で実施していない企画でございますが、皆様のお仕事にお役立て頂ければと思い、成功事例をまとめさせて頂きました。ぜひ皆様のお仕事にお役立てください。

 

さて、突然ですが、仕事をしている時や、営業先から帰ってくると、つい甘いお菓子を手に取ってしまい、最近体重が気になっております。

そんなビジネスパーソンの心理をうまくくみ取り、着実にシェアを広げているのが、江崎グリコの「リフレッシュボックス」。

第一回目の「販売促進のお役立ちコンテンツ」では江崎グリコの「リフレッシュボックス」をご紹介したいと思います。

江崎グリコのリフレッシュボックス


 

 リフレッシュボックスはB5サイズのボックスの中にお菓子が入っていて、100円を入れると好きなものを1つ選べられるという仕組みです。そしてサービススタッフが週に1回程度訪問し、商品の入れ替えや補充、代金の回収等を行うサービスです。

  • 子どもが食べるもの
  • コンビニやスーパーに買いに行ってから食べるもの
お菓子というと、このようなことが前提となっておりますが、その既成概念を打ち破ったマーケティング戦略で着実にシェアを伸ばしています。そこで、今般は、「江崎グリコ」の「オフィスグリコ」を3回に分けてご紹介したいと思います。

江崎グリコの課題

江崎グリコと言えば、「ビスコ」や「ポッキー」「GABA」など日本を代表する日本の大手製菓会社です。

ただし、少子化の影響や90年代に入ってから、コンビニよりスーパーの数が増えるなど大きく流通の構造が変化したこともあり、マーケティング戦略を練り直す必要がありました。

コンビニでは話題性がある商品や定番の商品が置かれるため、江崎グリコの商品を置いてもらうスペースをコンビニで空けてもらうことは容易ではありませんでした。

そこで江崎グリコは商品展開の戦略を大きく変化させ「オフィスグリコ」というサービスを開始します。

商品やサービスの展開、販促プロモーションについて

商品やサービスを市場で展開していく際には通常は、4つのタイプが考えられます。
各タイプについての特徴やメリットに関しては、また改めて他の機会に詳しくご紹介をさせて頂きます。

  1. 店舗(自社店舗やGMS、コンビニなどでの展開)×契約タイプ
  2. 店舗(自社店舗やGMS、コンビニなどでの展開)×非契約タイプ
  3. 店舗を持たないタイプ(クレジットカードやじゃらんなどインターネットを通して提供をしているサービスなど)×契約タイプ
  4. 店舗を持たないタイプ(クレジットカードやじゃらんなどインターネットを通して提供をしているサービスなど)×非契約タイプ

それまでの江崎グリコでは、小売店に商品を卸していただめ、2のタイプでしたが、グリコでは、オフィスをお菓子で食べている成人女性が多いことから、成人女性と共に流通の構造を見直すことにして3のタイプに転換していきました 。(オフィスに設置してもらうという点では4です)

さて、今日はこの辺りまでとさせて頂きます。次回はリフレッシュボックスをどのように普及させていったのか、販売促進の方法についてご紹介したいと思います。

参考資料

江崎グリコ
http://www.ezaki-glico.net/officeglico/
がっちりマンデー

http://www.tbs.co.jp/gacchiri/archives/20120415/1.html


▼企業様の販売促進やイベントプロモーションのご相談を
 承っております。お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------
株式会社 マップス
〒453-0055   愛知県名古屋市中村区香取町1丁目30番地1
TEL:052-411-5670 FAX:052-411-5668
ホームページURL:http://www.s-maps.jp/
E-mail:info@s-maps.jp
-----------------------------------------------------------

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ