営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

クラウドサービス「SaaS」「PaaS」「IaaS」の意味と違い

2018年6月29日

クラウドとは、インターネットに繋がっている状態であり、それを利用するサービスが当たり前のような時代がきました。

現在多くの方が使われているスマホやパソコンを通してクラウドサービスを無意識に使っています。
しかし、このインターネットを利用した「クラウドサービス」には利用タイプがいくつかあります。これらは利用形態が異なります。

クラウドサービスは構成されている要素(ネットワーク、ハードウェア、オペレーティングシステム(OS)、ミドルウェア、アプリケーション)や提供している範囲によって「SaaS」「PaaS」「IaaS」と分類されますので今回のお役立ちコンテンツでは各サービスの特徴についてご説明いたします。

SaaSとは

「SaaS」は、「Software as a Service」の略で「サース」と呼びます。
従来は店頭でパッケージで購入してパソコンなどにインストールしていたソフトウェア・サービスをインターネット経由でサービス利用する形態です。

多くの方が利用されている形態になり、端末に保存していたデータをインターネット上にも保存して、それらのデータを他の端末からアクセスできるようになったり、複数の人間が同時に閲覧したり、データを共有して編集・保存が可能です。

提供サービスがインターネット上で利用でき、様々な端末から利用可能なのでとても便利です。

PaaSとは

「PaaS」は、「Platform as a Service」の略で「パース」と呼びます。
PaaSではソフトだけではなく、に開発者向けに開発環境やデータベースなどのプラットフォーム全体をインターネット上でサービスを提供している形態です。

「SaaS」はサービスの一部のみをクラウドで動かしますが、「PaaS」はプラットフォーム自体を提供するため、大規模なデータセンターを用意しなければならず、大きな企業がサービス提供していることが多いです。

Google App EngineやMicrosoft Azureが、これに該当し、アプリケーションを開発できますから、利用者にとってはメリットが大きく、プログラム作成に集中することが可能です。当然ですが開発自体の時間も大幅に削減することができ、コストも抑えられます。

IaaSとは

「IaaS」は、「Infrastructure as a Service」の略で「イアース」や「アイアース」と呼びます。
ハードウェアリソースなどのインフラをインターネット上で提供するサービスです。
利用する時にCPU、メモリ、ストレージなど必要なスペックを選択出来るためサーバーを購入することなく自由に必要な時にサーバーを作成することが可能です。

「SaaS」「PaaS」「IaaS」以外にも「DaaS」というものもありまして「Desktop as a Service」の略です。
インターネット上で仮想デスクトップ環境を実現することによって、自宅、外出先などでも会社と同じ仕事環境を再現することが出来ます。

「SaaS」を利用する良さは、システム・アプリケーションを開発する必要はなく既に開発されたサービスを選定・利用するため利用開始までのスピードが速いこと。

「PaaS」の良さは、サーバー、OS、データベースの設定などが必要ないためアプリケーション開発に集中できます。

「IaaS」の良さは、仮想サーバーのリソースを好きなように設定ができ、使った分だけ支払う従量課金制なので自分の好きな範囲で利用することができ柔軟性がとても高いサービスとなっています。

メリットとデメリットがありますので、どのレベルのクラウドサービスを利用する必要があるのかを判断して選定されることをお勧め致します。

 

▼企業様の販売促進やイベントプロモーションのご相談を
 承っております。お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------
株式会社 マップス
〒453-0055   愛知県名古屋市中村区香取町1丁目30番地1
TEL:052-411-5670 FAX:052-411-5668
ホームページURL:http://www.s-maps.jp/
E-mail:info@s-maps.jp
-----------------------------------------------------------

 

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ