営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

今後どうなる、話題のAIスピーカー

2017年11月28日

ここ数ヶ月、新聞やビジネス系テレビ番組などでAIスピーカーの特集を目にすることが多くなってきました。また先日の日本経済新聞では「アマゾン、LINEのAIスピーカーの販売を停止」という記事が掲載されるなど、AIスピーカー競争が過熱してきています。

そのため、今回のお役立ちコンテンツでは話題のAIスピーカーについてご紹介したいと思います。

そもそもAIスピーカーとは何か。

Siri

 

皆様の中にはiPhoneを利用されている方が多いと思います。iPhoneには「Siri」という音声認識機能が備わっており「XXにXX時までに行きたい」「XXXの天気を教えて欲しい」と呼びかけると、Siriが人の言葉を理解して、リクエストに対応してくれます。

AIスピーカーとは簡単に言ってしまうと、この機能を搭載したスピーカーのことです。
例えば何か調べごとがあったら、今まではパソコン、スマートフォン、タブレット端末を開く必要がありましたが、手を使った操作が必要なくなり、AIスピーカーに向かって「XXXについて調べて欲しい」と声をかけるだけで済むようになります。

声をかけるだけで電車の時刻検索やYouTubeの再生、天気情報などを秘書のようにAIスピーカーが調べてくれます。

ただし、AIスピーカーはインターネットを通して情報検索などを行うため、インターネット接続(Wi-Fi環境)が必須になってきます。
 

口頭での指示で家電が操作できる。

そして、単純に検索だけではなくAIスピーカーで大きく生活が変わることのひとつに「家電の操作」と言われています。
最近、AIスピーカーと合わせて「IoT」という言葉をよく耳にするようになってきましたが皆様はご存知でしょうか。

IoTとは

「Internet of Things」の略で、身の回りの様々な物がインターネットに繋がり、遠隔からも制御が可能になったりすることです。エアコンの操作を外部からできたり、自動車とスマートフォンを接続することによってナビを使わなくてもルート検索することができることなどが挙げられます。

このAIスピーカーとIoT製品が相互連携できるようになると、「アニメ・映画の中の近未来」のように、「暖房をつけたい」「車のエンジンをかけたい」「洗濯機を回したい」と声をかけるだけで操作が出来るようになります。

ちなみに現在、日本で注目されているAIスピーカーは次の3種類です。

Google Home(グーグルホーム)の紹介動画

今年の6月にLINEが音声AIプラットフォーム「Clova」を使ったコネクテッドカー領域において、トヨタ自動車と基本合意書を締結したことがニュースになるなど、現在はAIスピーカーは「スピーカー」のかたちをしていますが、今後は自動車や家電などの分野に広がっていきます。

自動車にAIスピーカが搭載されれば、例えば自動車の中でLINEメッセージを読み上げたり、手の操作なく、音楽の検索や再生などが出来るようになります。

また「AIスピーカー」と言うと聞きなれない方が多いかもしれませんが、実をいうと「AIスピーカー」はとても身近な存在になってきており、上述したiPhoneのSiriはパソコンのMacにも搭載されており、Windows 10にも音声で検索などが行えるアシスタント「Cortana(マイクロソフト社開発)」が搭載されています。

不動産大手の会社がAIスピーカー、AIスピーカーを搭載した機器を賃貸住宅に導入するなどAIスピーカーにとどまらず、「音声操作」については今後、様々な分野で利用が拡大していくことが予想されます。
 

 

▼企業様の販売促進やイベントプロモーションのご相談を
 承っております。お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------
株式会社 マップス
〒453-0055   愛知県名古屋市中村区香取町1丁目30番地1
TEL:052-411-5670 FAX:052-411-5668
ホームページURL:http://www.s-maps.jp/
E-mail:info@s-maps.jp
-----------------------------------------------------------

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ