営業力と売上をアップさせるノウハウを公開しています! 販売促進のお役立ちコンテンツ

自社ホームページを活かそう!

2017年6月27日

ホームページ市場の現状

昨年(2016年)インターネットサービス企業Netcraftは3月18日(英国時間)、「March 2016 Web Server Survey|Netcraft」において世界でのホームページ数が10億を超えるという調査結果が出ています。
また同調査では対象となるコンピューター数は700万程減少しているという結果もでています。

ホームページ数が増加している背景として、ホームページを作成する専門の知識がなくても無料で作成できる無料CMS・クラウドソーシング・SNSが急激に発達することで簡単・手軽にホームページを持つ人が増えていると考えられます。

ホームページが増えた事による影響と対策

企業がホームページを所有する目的は売上UP・会社紹介になると思います。
目的を果たすためには、まずは自社ホームページを見ていただかないといけません。
しかしホームページ数が増えているという事は単純に競合が増えた事になるので、自社のホームページが大量のホームページに埋もれてしまい、見てもらう事が難しくなります。
沢山の人に見てもらう(訪れて)もらうためにはどうしたらいいのでしょう?

自社のホームページを更新していますか?

個人的な意見となりますが、いろいろな企業(特に中小企業)のホームページを見ていると“News”や“お知らせ”の最新記事が数年前のままになっていたり、画面の構成自体が、何年前に作ったのだろう?と思うホームページをよく見ます。
会社を経営している知人に話を聞くと「なんとなくホームページがないとみっともないから作ったけど更新するとお金かかるし、よくわからないし・・・」などという意見が多数で、「ホームページはあるけど活用していない」という企業も多いようです。

一般的に更新がきちんとされているホームページは信用が高くなり、検索順位が上がると言われます。
また記事を更新や追加することで信用が高くなるだけでなく、ユーザーとの接点も増える事につながるので面倒でも、定期的に新しい記事の追加や更新をおこなう事をおすすめします。

自社ホームページ活用成功例

以前にも少しご紹介していますが、弊社では求人ホームページを自社で構築して成功しています。

自社のホームページが見られているかご存じですか?

弊社ではもともとコーポレートホームページのアクセスを増やすために定期的な記事の更新、アクセス解析をおこなっています。
さて、皆様は自社のホームページが毎日どれくらいの人に見てもらえているかご存じですか?
ホームページを活用していないという方の大半は自社ホームページがどれだけ見られているか(アクセス数)を知らないようです。
まずは訪問者がどれだけいるか(アクセス数)を把握しない事には活用ができているかどうかも判断ができません。

アクセス数を知るには!?

比較的簡単に訪問者数だけでなく、性別・年齢層など具体的にどのような人が訪問(閲覧)しているかを知る無料ツールがいくつかあります。
代表的なのがGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)です。

次回はGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)の活用方法をお伝えしていきます。
是非、自社のホームページの現状を把握して是非売上UPのツールとして利用してください。

自社ホームページ運用の悩み・相談・提案を行っています。
お気軽にお問合せください。

 

▼企業様の販売促進やイベントプロモーションのご相談を
 承っております。お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------
株式会社 マップス
〒453-0055   愛知県名古屋市中村区香取町1丁目30番地1
TEL:052-411-5670 FAX:052-411-5668
ホームページURL:http://www.s-maps.jp/
E-mail:info@s-maps.jp
-----------------------------------------------------------

 

販売促進に関する事ならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

このページの先頭へ